タイトル

極上倶楽部へ移動 匠味倶楽部へ移動
香茶倶楽部へ移動
優品倶楽部へ移動 爽道倶楽部へ移動
雑亜倶楽部へ移動
ホーム 大人の教室とは 体験プラン一覧 お手続き お問合せ 大人の教室ブログ こちら通販事業部です


メイン
こちら通販事業部



ドリップ
ハンドロースト器具を使って実体験。ご自宅でも自家焙煎を!(3種の生豆と焙煎器のお土産付)ハンドドリップで美味しいコーヒーにはコツが・・・本格的なドリップをマスターしましょう!






ドリップ
まずは世界一高価なジャコウネコのコーヒー「コピルワク」を召し上がれ!









 ドリップ
レクチャーを行なうかっぱ橋・ユニオンでは、世界中から集まったコーヒー豆はもちろんのこと、普段なかなか目にすることもない専門器具類もたくさん揃っています。外国からも仕入れにくるほどの人気です。





自分で焙煎、自分でドリップ
レクチャー風景









ユニオンマップ

画像をクリックをすれば詳しい地図が出ます







極上倶楽部







コーヒー焙煎教室 コーヒー好きの方必見!
自分で焙煎、自分でドリップ!
たったの30円程度で
世界一美味しいコーヒーを!
都内有名ホテルで
1杯5500円・幻の「コピ・ルアク」も賞味!

自家焙煎器と生豆・自家焙煎豆のお土産付  6,800円(税込)

プランのゴール
    ★ 自家焙煎の追求が高じて、今では近所一番のコーヒー通
    ★結局、喫茶店経営を始めるきっかけだった。
    ★スーパーの豆なのに○○バックスより美味で、安くエンジョイする日々
    ★「コピ・ルアク」の味を、自分だけは知っている。
    ★このとき参加したお客さんと今も連絡を取り合う仲。

レクチャー風景

■−自家焙煎を知れば無限大のコーヒーアロマが満喫できます!−
よく目にする自家焙煎のコーヒーショップ。業務用のロースター(焙煎器)となると数百万の代物ですが、手軽なハンドローストという、手焼きの網を使った焙煎方法があります。大体一回100gから大きいハンドロースターでも200g。100gのコーヒー豆で約7〜8杯分となりますので、一日一杯のコーヒーで一週間分が目安となります。
  焙煎の所要時間は冷却も含めて約30分程度。豆の種類によっても異なりますが、15分〜20分の火入れ、10分程度の冷風での冷却でお好みの焙煎が完了します。そんな焙煎と本当に美味しいコーヒーのドリップを、プロから教わろうというのがコーヒー焙煎教室です。
  
■−豆の寿命をご存知ですか?−
コーヒーは生豆で約2年、焙煎豆で2週間、挽いてしまうと数日です。普段スーパーマーケットなどで挽いた豆は最低でも4〜5日以内に飲まないと、どんどん味が劣化してしまいます。逆に、生豆をご自身で焙煎できれば、お好きな豆を2年間も楽しめるということになるのです。

■−好きな味をずっと楽しみたいなら「焙煎」を覚えるべし!−
その年ごとに世界中の農園から自信作が発表されます。その自信作は翌年買えるかというと、同じ味に出会えることは殆どありません。そう、農園モノをスペシャルティーコーヒーといいます。そのようなお気に入りのコーヒーを、いつまでも楽しむことが出来る手段が自家焙煎なのです。

■−簡単だけど根気が・・・自家焙煎の極意−
 自家焙煎は約15分間、網の中の生豆を炒り続けます。常に焼き網を揺らし続け、右手から左手に持ち替えたりしながら豆からの便りを待ち、網の振り方にも強弱をつけていきます。すると次第にハゼる音がし始めます。(これが1爆ぜ)豆によって、またはお好みの風味によって、この1爆ぜ終了時、もしくは終了前に火から上げてしまうか、はたまた次に来る2爆ぜまで待つか?このプロセスがコーヒーの味を決定付け、豆の色を見ながらの焙煎技術が、味を左右する隠されたコツなのです。そして、最後は扇風機などでの冷風冷却で終了。焙煎する前にも準備することがいくつかあり、表面の薄皮除去や不良豆の選別除去なども教わります。下準備も合わせて大体30分〜長くても約1時間。

■−満足出来るお好みの味を出すために。 焙煎次第で違う味に!−
 浅煎で酸味と風味が際立ち、深煎で苦味が際立ちます。これは良く知られたことですが、浅煎の注意点は豆の中まで火をしっかり通すこと。この判断基準は焙煎中の豆の色と時間です。中まで火の通ってない豆は青臭く雑味が残り、非常に不快な味になってしまいます。逆にしっかり火を通した深煎でも失うものは多く、その豆本来の風味と酸味を徐々に消し去ってしまいます。ご自身が美味しいと思うコーヒーも絶妙なタイミングで焙煎しないと満足できるコーヒーは楽しめません。焙煎の基本とコツを実体験してみて下さい。

■−たった30円程度で世界一美味しいコーヒーを!−
 一般的な定番品種の生豆だと1キロ約2千円程度から。100g7杯分と想定して約70杯。一杯当たり28円程度が単純に豆代となります。「毎週末、自宅で自家焙煎して本格コーヒーを楽しむのが、私の日課になりました。家族も今となっては外でコーヒーを飲むことも無くなったほど。」とは参加者の声。自家焙煎のコーヒーはやっぱり豆の鮮度も違えば、いろいろな味のコーヒーが楽しめます。コーヒーを一番安価に!しかも一番贅沢!一杯当たり数十円のコストで、最高のコーヒーをお楽しみ下さい。

■−日々刻々と味が変化するのが美味しい!−
 焙煎したての豆はガスが抜け切らず、必ずしも美味しいとは限りません。焙煎後24時間程度が飲み頃の豆が多いものです。それでは24時間以降は?というと、実は良い豆は日々刻々と味が変化していき、その日によっても、その味の変化が美味しい変化となってきたりします。自家焙煎の楽しみは、こんなことも味わえます。焙煎後1週間は変化した味を楽しむベストウィークとなります。

■−プロがドリップをレクチャーします−
 コーヒーを美味しく飲むための要素は、豆選び、焙煎、ミーリング、ドリップ(抽出)になります。抽出の濃淡はミーリングが主な役割。粗挽きか細挽きで、濃淡は大きく左右されます。それでも決め手は焙煎とドリップ。ご参加された方が口々におっしゃるのが、自己流ドリップとの大きな味の違いでした。そして、本式のドリップを教わっても人それぞれ味の違いが現れます。そんな実体験をしてみて下さい。この機会に、プロが実践している抽出方法を教わってご自宅でお楽しみ下さい。

■−うれしい自家焙煎器と生豆、自家焙煎豆のお土産付!−
 ご参加された皆様に、100g用ハンドロースター(自家焙煎器)、当日ご自身が焙煎した豆、生豆100gずつ3種類(計300g)をお持ち帰り頂きます。ご自宅で早速チャレンジしてみましょう!

■−更に世界一高価なコーヒーをお召上がり下さい−
 この教室で皆様が楽しみされているのが「コピ・ルアク」(ジャコウネコのコーヒーと呼ばれる世界一高価なコーヒー)。都内某高級ホテルで1杯5500円で販売されているなど幻のコーヒーと呼ばれています。更に、ブルーマウンテン、またはその時々の最高級スペシャルティーの贅沢なひとときをご賞味頂きます。


-----開催場所とスケジュール----
    集合場所 (住所) 東京都台東区西浅草 2-22-6
    集合時間  13:50
    集合場所最寄駅 東京メトロ銀座線「田原町」
    集合場所 かっぱ橋ユニオン(現地集合)

    行程1(時間) 13:50 ユニオン集合
    行程2(時間) 14:00 開講
          コーヒーの焙煎レクチャー(コーヒー豆のうんちく・焙煎方法等、約90〜120分)
    行程3(時間) 16:00 焙煎教室終了
    後、100g用ハンドロースターやご自身が焙煎した豆、生豆100gずつ3種類(計300g)を受け取って解散。

-----------開催日------------
    6/8、29
    7/22
    8/10、19
    9/7、9/30


-----------費 用------------
   6,800円(税込)

■最小開催人員2名。(最大14名)
■募集締め切り:開催日の1週間前

 オーダーボタン



コピーライト || 特定商取引法に基づく表記 || イベント約款 ||