タイトル

極上倶楽部へ移動 匠味倶楽部へ移動
香茶倶楽部へ移動
優品倶楽部へ移動 爽道倶楽部へ移動
雑亜倶楽部へ移動
ホーム 大人の教室とは 体験プラン一覧 お手続き お問合せ 大人の教室ブログ こちら通販事業部です


メイン
こちら通販事業部



生うに
これが極上の紫雲丹。この盛り上がりがスゴイ!
すし極上
仕入れ情況により違ってくるが、これが極上握り(写真はイメージ)



星ガレイ
これが一日三枚程度しか河岸にも入荷しないと言われる幻のホシガレイ

新子
江戸前の代表「新子」。初モノは小指大で一枚なんと300円以上もすることも。


蒸し煮アワビ 大きなアワビ。これを蒸煮で食すのが江戸前の食べ方


煮アワビの握りに肝を乗せて。
千倉煮アワビ


穴子握り 金沢八景の煮穴子は笹の香りで頂く炙りで!


すし江戸前
江戸前の仕事が施されたネタの数々(写真はイメージ)



太助寿司マップ
集合場所:画像をクリックをすれば詳しい地図が出ます






ひと箱数万もするウニ、幻の白身、江戸前の仕事を施したアワビetc・・・
普通に食べたら3万以上?
一番美味しい季節限定企画 旬の極上寿司を味わう!

9,800 円(税込)

うに握り
惜しげもなく盛られた紫雲丹を塩で召し上がれ!

プランのゴール
    ★江戸前のネタに造詣が深くなった
    ★寿司屋の店構えより、魚の仕入れ先がどうなのかが気になる
    ★旬の味覚にうるさくなった
    ★自宅でも、ネタの良し悪しにこだわって買ってくる時がある


■−銀座の銘店に引けを取らない江戸前の老舗寿司店で開催!−
 一箱3万〜5万円もする、日本でも五指に入るほどの最高級紫ウニを仕入れている江戸前の寿司屋がある。スーパーなどでは一箱800円から5千円といったところだが、この店が扱う紫ウニは貴重な極上品ウニ。日本全国から足を運ぶ常連客の目当ては、このウニをはじめとする極上ネタの江戸前寿司を堪能するため、ひっきりなしに通ってくる。一度味わうと毎年必ず旬の寿司を味わいたくなるのも当たり前。
  このプランでは一番美味しい夏のネタを、季節限定の江戸前寿司として、8月〜9月上旬までの限定企画としてお楽しみ頂けます。
 
■−脂を楽しむ冬に対して、魚が甘い夏を味わう限定企画−
 夏の極上ネタとは?夏は甘い身肉、冬は脂を堪能するのが醍醐味。美味しい魚を知る人は寿司が一番美味しいのは夏と口をそろえていう。極上ウニをこぼれ落ちそうなほどシャリに乗せ、海苔で巻かずに雲丹本来の甘みと濃厚な味わいを楽しむ握り。6月に解禁になり、夏に一番味が乗る馬糞雲丹は海のクリームチーズと称される季節ものです。漁獲量が多いマグロやブリは目にすることが多い冬の代表魚。大間のマグロ、氷見の寒ブリetcの脂を堪能する。
夏の味覚を楽しもうとした時は、また河岸にも滅多に入らない魚をどれだけ揃えられるかで寿司屋の力量がわかるというものです。

■−ウニだけではない!極上ネタの一例を紹介−
    ▲1匹1,000円の秋刀魚があるとあるテレビで紹介されていた。100円のサンマは秋の代表と思いきや、8月に北限で獲れたサンマは南下する前に最高の脂を身に纏い、初物として高級料亭や高級寿司店にしか出回らない。その脂を軽く炙り、甘塩で頂く味わいは秋のサンマとは全く別次元のものです。

    ▲同じ場所で獲れても潮具合で味わいが天と地ほども違うと言われる銚子沖のキンメ。透明感漂う脂は、内湾の魚のようなギトギト感はなく、限りなく上品な甘い脂で切り身を輝かせるほど。口内調理の芸術と言われる寿司の究極キンメは、梅雨時期から夏にかけてが絶品です。

    ▲貝の王様は何と言ってもアワビ。シャリとの相性が極めてデリケートなネタです。江戸前の伝統技法を施された鮑は、職人の手により旨味を存分に引き出され完璧な寿司ネタに変身する。このネタも夏に一番味が乗ります。

    ▲コハダの子供シンコの握りは、小指の先ほどの小さなサイズが初夏を迎える頃一匹200円以上で出回り、職人の持つ技法で酢締めされたものを、4匹程度に合わせて握る。この時期の初物のシンコは殆どが鹿児島産。
      元々、江戸前のシンコは東京湾で水揚げされたもの。コハダの稚魚2匹程度のサイズが一番美味しい寿司ネタとなります。
     年に一度のこの時期にしか味わえない夏真っ盛りのシンコは何と言っても美味しい。

    ▲一生に一度巡り会えればラッキーとまで言われている幻の白身と言われる星ガレイ。
    築地に2〜3匹程度しか入らない日もザラなため、必然的に仕入れられる店も希少。

    ▲ヒラメと比較されることの多いコチ。ヒラメは冬、コチは照りゴチと言われ夏が最盛期。
    共に弾力と身肉の味わいが自慢の魚だけに最高の味わいが楽しめるのは旬を除いて他になし。

    ▲数ある寿司ダネの中にあってイカの逸品は何といっても墨イカ。
    それも初物の新イカは食感、甘みの際立った極上の一品。
    その時々で仕入れられる最高のネタを楽しむ極上寿司10貫にあがるネタの候補です。

    ▲江戸前の仕事金沢八景の穴子笹焼き
    穴子の本場は何と言っても江戸前。煮穴子のルーツとまで言われる職人技で出される夏の穴子は何と言っても一番美味しいもの。江戸前の仕事が施された煮穴子に笹の葉で包んで炙り、ほのかな香りと共にお召上がりいただくのが通の食べ方です。

■−銀座の超有名店と一緒に仕入れているネタの数々−
 有名どころの一流店同士が一緒になって極上品を仕入れていることをご存知でしょうか?
それほど高価なネタを惜しげもなく使った寿司は普通とは異次元のもの。今回お世話になる「太助すし」ももちろんその銘店の一つです。

 通常お召上がりいただくと数万円のネタの数々を、たっぷりご堪能ください!


-----開催場所とスケジュール----
    集合場所 (住所) 東京都台東区松ヶ谷2-26-6
    集合時間  17時から19時のご要望の時間
    集合場所最寄駅 東京メトロ銀座線「田原町」
    集合場所 太助寿司(現地集合)
    (17時開催の例)
    行程1 (17時)  太助寿司にて。
                 (お客様のご都合に合わせて19時までのお好きな時間から開催。
                   但し予約満席時を除く)                       
    行程2 (2時間程度)  旬の極上ネタの説明を聞きながら賞味。           
    行程3 (19時)  正確には、お客様のペースで終了解散してください
       
-----------開催日------------
    月曜、水曜を除く8月1日〜9月19日までの随時(17時以降開催)
    (正確には催行不可の日も出てきますのでご希望日としてお受けした後、速やかにご連絡します)
    17〜19時の間でご都合の時間より2時間程度で開催
    最高の素材を仕入れるため、仕入情況によりお召上がり頂くネタは随時変わります。
    また、会食中のお酒類や特にお客様よりのリクエストで派生するネタについては、別途現地精算となりますので、予めご承知おきください

-----------費 用------------
   9,800円(税込)

■最小開催人員1名様より(最大12名)
■募集締め切り:開催日の3日前(但し土・日・祝日は除く)

このプランについてはリクエスト扱いとなり、事務局よりご返答いたします。お手数ですが、下記事務局あてにお名前・ご連絡先・ご要望日時・参加人数を記載の上ご連絡下さい。
大人の教室事務局専用メール大人の教室事務局専用メール





コピーライト || 特定商取引法に基づく表記 || イベント約款 ||